IMG_0652
途上国の少女、女性の健康と尊厳を守るためのプロジェクト「ハッピー・パッド・プロジェクト」を2014年から行っています。

「ハッピー・パッド・プロジェクト」は、途上国の貧しい少女、女性たちへ清潔で安全な生理用品を提供し、同時に女性の健康と尊厳を守るためのワークショップを開催するプログラムです。

世界には少女、女性の生理に対する偏見の残る地域が数多くあります。

 

生理中の女性は「汚い」とされ、家畜小屋に放り込まれる国があります。また、貧しくて生理用品を買うことができない少女の中には、初潮を迎えると学校に通わなくなる場合も多くあります。一度学校に来なくなった少女は、二度と学校に戻ってくることはありません。
生理や妊娠のメカニズムを教えられないまま、12〜13歳で親によって強制的に結婚させられ子どもを産まされる少女も多くいます。

途上国の少女、女性支援に教育を提供することは非常に重要ですが、学校を建て奨学金等を提供することだけでは、じゅうぶんな教育支援ということはできません。
貧しさの中また社会的困難な状況のなかで満足に生理用品を買うことができない、正しい衛生教育を受けていない少女、女性はインドだけでも3億人もいるといわれています。
しかし、この女性の生理の問題に取り組んでいるNGOは非常に少ない。国際的な大手NGOでさえ、この問題にはほとんど取り組んでいませんし、実態も把握していません。
だから、ガール・パワーはこの問題に取り組むことにしました。
生理や妊娠のメカニズムを正しく知り、衛生や健康に留意することは、女性の尊厳を守るために必要なことです。

生理は不浄のものではなく、新しい生命を生み出すための神聖な現象なのだということを、女性や、その女性が生活する社会に正しく理解させることが、女性の尊厳を守り、自尊心を与え、女性としての力を得ることにつながります。

「ハッピー・パッド・プロジェクト」は、インド南部のタミル・ナドゥ州にて活動を展開しています。

このプログラムを必要している少女たちは、インドの他の地域はもちろん、他の途上国にも存在して、その数は数億人とも言われています。彼女たちのためにも、今後も当プログラムの規模を拡大していきたいと考えています。
ご支援、ご協力よろしくお願いいたします。
IMG_0653

pad

「ハッピー・パッド・プロジェクト」が配布している布製のパッド

1000円の寄付で、1人の少女に対して布製パッドセットと1回のワークショップを提供できます。

ワークショップ風景
WSWS1WS3WS4 WS2

ご寄付の方法

下記の口座宛に寄付の振込をお願いします。ご寄付は3000円以上でお願いします。

「振込人名義」は「ハツピーご氏名」(例:ハツピーヤマダタロウ」)としてください。

ご寄付の後、下記フォームからお知らせください。ガール・パワーのメルマガを送信します。「ハッピー・パッド・プロジェクト」の進捗状況や、ガール・パワーの活動についてお知らせいたします。

【寄付先口座】
三井住友銀行
高田馬場支店
普通口座4762181
口座名義
シヤ)ニホンジョシリョクスイシンジギョウダン


フォームご入力・送信後に確認メールが送信されます。
しばらくしても確認メールが届かない場合は、入力されたメール・アドレスが間違っている場合があります。お手数ですが再度、こちらのフォームにてお知らせ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの地域(都道府県名)

寄付額

ウェブサイトの寄付者リストにご氏名の公開を希望されますか?
 公開 非公開

メッセージ

上記の内容で送信する場合はチェックボックスをチェックして下さい。

workshop02

ワークショップ風景