子育て中の方、これから子育てを考えている方はもちろん、結婚を考えている、すでに子育てを終えた方にはふりかえりとして、女性だけで集まりました。
「子育てを楽しむ、人生を楽しむ」池内ひろ美&竹内エリカトークライブは、期待通り、終了後 気持ちのすっきりする子育て処方箋セミナーでした。

前半は日本キッズコーチング協会理事長であり、Girl Power理事、竹内エリカ先生の講義。
まず胸に響いたのは、「お母さんが幸せであれば子供も幸せである」
子供のことを思うあまり、こうなって欲しい!こういう行動をとって欲しい!なんで言うことを聞いてくれないの!私はこんなに頑張っているのに・・と眉間にしわを寄せ、ストレスフルになっていないでしょうか。私は過去そんな時もありました。ただ、そんなシーンの横に、生き生きとした表情の子供はなかなか思い浮かびません。

また、母親としてイライラの原因が「父親の子供との関わり方」であることが多々あります。(男性の方ごめんなさい)しかし、これについてはお父さんの関わり方は重要であり、世の中には言葉かけが上手とは言えない男性が大勢いるということを小さい頃から知っておくことは大切だそう。確かにこれも子供の社会性を育てるトレーニングと思えば乗り越えられそうです。

男の子も女の子に年齢別に発達の特長があり、それを理解しておくと子育てが楽になります。これは0〜6歳までだけではなく、小学生、中高生と、6年周期で繰り返すので、思春期を迎えて悩んでいるお母さんもまだ遅くはありません。残念ながらこちらに書ききれないので、エリカ先生のご著書をご紹介します。

そして、エリカ先生からの大切なメッセージ。
「毎日1回7秒間抱きしめましょう」
子育てに迷ったら、不安になったら、辛いとき・・・ギュッとしてあげる。私は、じつはご著書を拝読してから実践しています。あっという間に逃げられてしまう日もあれば、なんだか私の気持ちが伝わるのか、私がギュッとしてもらっているのではないかと思う日さえあります。抱きしめると幸せホルモンが分泌されるそうです。言葉がなくても絆を感じる素敵な一瞬ですね。これからも続けていきたいと思います。

後半は夫婦・家族問題評論家池内ひろ美先生と竹内エリカ先生のトークライブ。
これが面白くないはずはないのですが、ガール・パワーセミナーでしか聞けない、お二人の実際の子育て体験談をふんだんにお聞きすることができました。

特に夫には「関心は持つが、干渉はしない」。言葉に「ごめんね」を足す。(例えば、ごめんね、ちょっとお醤油取ってくれる?)「かっこいい」と伝える。20年以上前から3万5000組以上のご夫婦・家族問題のご相談を受けてこられた池内先生ならではの、すぐに実践可能な処方箋ワードもいただきました。
総じて子育てとは「信じることがすべて」。これが愛なのですね。
                      【Girl Power事務局長 河村美友紀】
11414393_1087847404577723_2126811244_n
11421454_1452505325050185_2034430708_n 11391181_1452760508358000_5898257364607567382_n

日時:6月10日(水)10:00〜12:00
場所:東京都千代田区麹町

お問合せ info@girlpower.jp

竹内エリカ氏は子育て中のママ。池内ひろ美氏は子育てを終え娘が就職しました。
竹内エリカ
プロフィール
日本キッズコーチング協会理事長。幼児教育者。20年にわたり発達心理について研究し、これまで約12,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国規模の大会で第1位他、14賞のコーチ実績がある。「男の子(女の子)の一生を決めhる0歳から6歳までの育て方」シリーズはロングセラー。著書6冊。東京FMコミュニティラジオ「わくわく子育てcafé」パーソナリティ。