5月14日、15日。ガールパワー専務理事の大野理恵、プロデューサー竹井善昭が熊本入り。熊本在住のボランティア・スタッフ上妻氏を加えて三名のチームで支援活動を行ってきました。

変わる、熊本での支援ニーズ

今回の活動の主要テーマは「これからの支援ニーズ調査」。震災から一月が過ぎ、被災地での支援ニーズも変わってきているからです。気温が25度を超える夏日が続き、避難所での生活も過酷さを増してきます。ガールパワーはこれまで、ブラトップ、ハンド・クリーム、リップクリーム、拭き取りシート各種(フェイス用、ボディ用、デリケート・ゾーン用)、ショーツ、パンティ・ライナーなどの物資を避難所や介護施設に提供してきましたが、今回はリクエストのあったハンドクリームの他に、制汗剤やUVクリームなどこれからの季節に必要と思われる物資を調達。各地の避難所で暮らす被災者の方々に提供すると同時に、支援ニーズの聞き取り調査を行いました。

今回の訪問地は下記の通りです。(敬称略、順不同)

*熊本子ども・女性被災者支援ネット
*御船町町役場および避難所、子育てふれあい館
*ピュア・サポート グループ(医療法人社団 大浦会)本部
*日本財団災害復興支援センター熊本本部
*益城町総合体育館避難所
*熊本地震支援団体 火の国会議

全体として感じたことは、まだまだ物資の支援が必要な避難所もあるものの、支援の中心はサービス提供に移行していく時期なのかなということです。ガールパワーも物資の支援を続けながら、活動の中心を支援サービスに移行すべきかと思いました。

ただ、具体的にどのようなサービスが必要なのかについては、現地の支援団体にもまだ見えていないところもあり、調査を続けながら検討を行っているという段階です。

ガールパワーとしては、熊本にて女性支援活動を行っている他団体とのネットワークをさらに拡げ、これからの復興期における女性支援ニーズを探り、有効な支援を行っていく予定です。

熊本の女性支援にかんするご寄付はこちらからお願いします。
皆様のお気持ちをかたちに変えてお届けしています。
ジャパンギビング

IMG_2739

 

IMG_2753

IMG_2783IMG_2785IMG_2897IMG_2916IMG_2919IMG_2926