災害避難時、女性には、男性では分からない悩みや苦労があります。また、せっかく準備している防災グッズをクロゼットにしまい込んでいては、いざというとき役立ちません。

ガール・パワーが企画した、「Girl Power Promotionレディースサバイバルキット」では、女性のために必要なアイテムを厳選しキッティングして販売いたします。防災グッズ23種26品をクリスタルボックスに入れ、「エトランジェ・ディコスタリカ」製のスタイリッシュなA4書類ケースに納めました。

オフィスやご自宅の棚や机など、目につくところへ美しく備蓄して非常時に備えましょう。
恋人や家族へのプレゼントとしていただくのも素敵です。
ALL4
【特長】6年間保存できる保存水、栄養機能食品、キャンディ、携帯トイレ、生理ナプキン(NaturaMoon)、BMC活性炭入マスク、UV対応BBクリームHANSKIN、緊急whistle、充電ラジオ等に加えて、「Girl Power Promotionレディースサバイバルキット」には次の特長があります。

○Girl Power Promotion本染てぬぐい
乾きやすい手拭きとしてはもちろん、万一閉じこめられたときには窓から出してSOSサインとし、靴替わりに足に巻く、ケガをしたら細く割いて包帯として使用でき、シャンプーできないときはヘアバンドとして使用。

○ビデとコンドーム「Girlsguard」
清潔を保つためのビデとコンドームを入れた防災グッズは日本初です。コンドームは性感染症を防ぐだけでなく、ケガをしたときには止血帯、水を入れて(最大4ℓ)運ぶこともできます。

【価格】
定価18576円(税込)。お届けは8月10日頃です。
ご注文の場合、次の3種類からお好みの外箱をご選択ください。
http://amzn.to/1qXluve

左から(1)イエロー (2)ピンク (3)レッド
003

004
【Girl Power レディースサバイバルキットへの思い】
12360163_820464418062623_6701225073389357840_n Girl Power専務理事 西川礼華

防災意識や自らを守る意識を高める機会として、さらに、医学的に言えば感染症一次予防として、Girl Powerでは2014年5月に女性用防災キットを作成しました。

非常食・応急手当キット・ラジオ・軍手・歯ブラシといった一般的な防災品に加えて、BBクリームやクレンジング、デオドランドスプレー、生理用品のような女性の必需品も収納されているのが特徴的です。

東北大震災の年、私はまだ医学生で、一大学生として被災地にボランティア活動にまいりました。そこで、同世代の女性が、「食料や防寒具は支援物資として受け取りやすいが洗顔道具や化粧用品は贅沢品に思えて受け取りにくい。」、「生理期間中なのにトイレに頻繁に行けず不快感が強い。でも、熱があるわけでもないので医者に診てもらうのが申し訳ない。」と話していたのが、私には非常に印象的でした。数日間お風呂に入れず同じショーツを身につけ続けていた彼女は、生理が来たこと、女性であることをアンラッキーだと感じていました。

たとえ被災の場であっても女性として生まれたことを誇りに思い、安心できる日々を笑顔で過ごせるよう、私たちにできることはないか…そのような想いのもと、本キットを開発いたしました。

本キットにはコンドーム、デリケートゾーン用のクリーンシャワーも入っていますが、実は、これは防災キットとしては初めての試み。被災地でコンドームなんて使うのかと質問されたことがありますが、避難所や仮設住宅で嫌がらせやレイプが起こる可能性を想定しています。

日本は先進国の中で、唯一、エイズ患者が増えています。スーパー淋菌などといった新たな注意すべき性感染症も増えており、避妊目的だけでなく性感染症一次予防目的としても、コンドームの使用は医学的に推奨されます。しかし、万一性被害に遭った時に女性がコンドームを持っていると、合意のうえと思われ裁判で女性が不利な立場に置かれることもあると言われています。ですので、本キットのコンドームには「お試し品」の表記による工夫が施されています。つまり、「お試し品」と書かれたものを敢えてキッティングすることにより、女性側のエクスキューズの余地を残しているのです。

ちなみに、コンドームは災害時にも活躍してくれます。止血道具や滅菌手袋の代用にもなりますし、水を最大4リットル入れることができるため、地面に転がっているペットボトルに水を入れるよりもよっぽど清潔に水を管理できます。

お風呂になかなか入れない環境で生理を迎えた女性が、生理による不快感を軽減させられるようにと、デリケートゾーン用のクリーンシャワーも入っています。これもまた、皮膚の清潔を保つことによりかぶれを予防したり、細菌性膣炎やカンジダ膣症などの感染症を予防したりすることにつながるかもしれません。(クリーンシャワーの過剰な使用は膣内の細菌叢を乱すため、あくまでレスキュー的に使うのが望ましいでしょう。)

災害時であっても女性が女性としての尊厳を失うことなく生きるための、女性用防災キットです。せっかくの防災キットを収納庫の奥にしまっておくと、いざというときに取り出せなくて焦ってしまいますので、自宅やオフィスのインテリア代わりに本キットを備えていただければ、と思います。人の目につくところに置いても恥ずかしくないような、上品なパッケージを心がけました。

一年に一回、防災の日にはこれを開けて、何が入っているのか、そしてできれば一年以内に使用していただくことをおすすめします。
Girl Power は、すべての女性を応援します。

※サバイバルキットの売上げの5%はGirl Power に寄付されます。
================

【オカモト株式会社様協賛のコンドームが「お試し品」の理由】
池内1309
Girl Power代表理事 池内ひろ美

本キットを手に取っていただいたとき、日本初コンドームをキッティングしていることに驚かれることと思います。さらに、そのコンドーム「Girlsguard」に「お試し品」と書かれていることに再度驚かれるかもしれません。
お試し品の品質・使用方法は、一般商品として販売されている「Garlsguard」と同じです。
Garlsguard

防災キットにわざわざ「お試し品」をオカモト株式会社様よりご提供いただいたのには理由があります。
万一(あってはならないことですが)、万一レイプ被害に遭ったとき、泣き寝入りせず、加害者に対して勇気を持って刑事告訴あるいは民事提訴することもあります。

レイプ被害のとき、コンドームをつけてと被害女性が言った場合(それは、殺されるより性暴力を受け入れることを覚悟し、妊娠や性感染症を避けるためとっさの判断で加害者に対して装着を望む場合)、性的暴行を受け入れざるをえない女性の気持ちなど加害男性には分からないでしょうーーーだからこそ、レイプ事件は起こりますし、レイプ裁判ではさらに惨い抗弁を聞かなければならない場合もあります。
曰く、
「女性が自分でコンドームを購入準備しており、自ら装着しての性行為を望んだのであるから、男性による一方的な性的暴行と断言することはできない。合意のうえでの性行為と言えるだろう」という、まるで反吐の出そうな抗弁です(汚い言葉遣いお許しください)。

女性が性的いやがらせを受け警察に被害届けを出すとき、あるいは加害者を裁いてくれるはずの法廷で「セカンドレイプ」と呼ばれる人格否定、侮辱が行われることを否定できません。

—————
セカンドレイプ【新語時事用語辞典より】
レイプなどの性的暴行を受けた者に対して、第三者が、性被害の苦痛を思い出させるような言葉を投げたり、被害を受けた原因の一端は被害者自身にもあったというような中傷めいた発言をするなど、精神的な苦痛を与えること。
レイプ被害者は肉体的な面もさることながら精神的に大きな苦痛を受ける。早く忘れるために泣き寝入りする被害者も多いとされる。事件が表沙汰になると、警察の取り調べを受ける中で被害の内容を思い出したり、マスコミが事件について報道したり、あるいは裁判で被告を擁護する側に立つ者が、性的挑発があったから性暴行が起きたかのように周囲に印象付ける発言を行ったりすることで、被害者をいっそう苦しめることになる場合が少なくなく、性犯罪そのものと併せて問題視されている。は、
—————

だからこそ、
「防災グッズの中に入っていたから私はコンドームを持っていた」と(自分で買って準備していたなどと言われないために)表現できるよう、また、防災グッズから取り出してバッグの中に入れているときにも「防災グッズに入っていたもの」「自分で買ったのではない」と証明できるよう、あえて「お試し品」をキッティングしています。

そんなことは考え過ぎだと笑う人は、レイプ被害、性犯罪の被害者となった女性が、事件そのことだけでなく事件後何年も長く長く苦しんでいる現実をご存知ないのだと思われます。あなたか、あなたの大切な家族、ご友人が同様の被害に遭わないことを祈ります。被害者に落ち度がないのに起こる性犯罪は、加害者が一方的に行うことであり完全に予防することはできません。そんな惨いことが人生において一度も起こりませんようにと祈るしかありませんが、自分で自分の身を守る智恵と勇気を持ちましょう。(池内ひろ美)

================

ご注文はこちらからお願いします。

お問合せ先
info@girlpower.jp