「女の子とだって勉強する権利がある」とブログなどで訴えて、女子教育を否定するタリバンに襲撃され、頭部に数発の銃弾を受けながらも奇跡的に一名をとりとめ、その後は世界中で女子教育の重要性を訴える活動家として活躍しているパキスタンの少女マララ・ユスフザイちゃんが、今年のノーベル平和賞を受賞しました。

17歳での平和賞受賞は史上最年少。

また、インドから分離独立後のパキスタンからも初のノーベル賞受賞者となるそうです。

昨年も平和賞の最有力候補として注目されていましたが、「若すぎる」ということが理由で受賞を逃したという噂もちらほら、、、

しかし、今回の受賞で年齢は関係なかったのかなとも思えます。

とまれ、マララちゃんの存在により、世界は女子教育への関心が高まっていると思いますが。今回の受賞によりと徐言う国の女子教育支援への熱がさらに高まってくれたらと思います。

来年の国際ガールズ・デーには、ぜひ日本に来てもらってイベントができればなと思います。

ちなみに、インドで長年、児童労働問題に取り組んでいる人権活動家イラシュ・サティヤルティ氏も、マララちゃんと同時受賞した。

インドにおける女子衛生教育を開始するガール・パワーにとっては、こちらもうれしいニュースでした。