1. HOME
  2. プロジェクト
  3. 1型糖尿病と戦う子どもたちを「ふるさと納税」で支援しましょう

PROJECT

プロジェクト

1型糖尿病と戦う子どもたちを「ふるさと納税」で支援しましょう

1型糖尿病は成人病でも生活習慣病でもありません。

糖尿病には1型と2型があります。
一般に糖尿病といわれるのは2型です。これは、いわゆる生活習慣病であり、多くの場合は中年以降に発症する成人病です。
これに対して1型糖尿病は自己免疫破壊による疾患で、生後数ヶ月の赤ちゃんでも発症する場合もあります。
2型糖尿病はインシュリンが出にくくなる病気ですが、1型糖尿病はインシュリンがまったく出なくなる病気です。
したがって、より厳格な血糖値管理が必要となり、幼い子どもでも、一日5回の血糖値測定とインシュリンの注射、年間で三千回以上の注射が必要となります。
高血糖状態は、心不全、腎不全、網膜症などの合併症を引き起こす危険性があります。
また、低血糖状態になると意識障害やけいれんなどのさまざまな症状が引き起こされます。
学校の体育の授業や、駅のホームでいきなり意識を失う危険性があるのです。
夜中でも血糖値管理が必要で、親御さんなど親族の負担も多大です。

1型糖尿病には治療法がありません。

1型糖尿病は現代の医学では不治の病です。
したがって、子どもの病気を治すためには膵臓移植、膵島移植を行い以外の方法はありません。
しかし、日本において膵島ドナーの数は非常に少なく、事実上、生涯インシュリン注射を続ける以外に、生きていく方法がないのが現実です。
1型糖尿病患者はインシュリンが自分ではまったく出ないため、
インシュリン注射を打たなければ三日で死んでしまうとも言われています。

1型糖尿病を治らない病気から治る病気へ!

ガールパワーは、1型糖尿病(IDDM)根治に取り組むNPO「日本IDDMネットワーク」と協働して、
1型糖尿病根治のための研究開発、および、一型糖尿病の子どもたちを中心とした患者さんたちへのケア活動を支援しています。
この活動を「ふるさと納税」でぜひご支援ください。

1型糖尿病の子どもたちを、ふるさと納税で支援しましょう!

ふるさと納税は、寄付することにより所得税、住民税が大幅に控除される制度です。
たとえば、10万円を寄付すると、二千円の手数料を引いた9万8千円が、
所得税、住民税から還付・控除されます。
もちろん、返礼品を受け取ることができますので、実質的にお得に寄付をすることができる制度です。
各個人が寄付できる金額は、個人の所得や家族構成によって異なりますが、
目安としては、年収500万円の独身者・夫婦共働きの場合の寄付上限額は 61,000円。
年収1000万円で家族4人の場合は 144,000円。年収2000万であれば 521,000円まで寄付できます。
(家族の年齢、共働き等働き方により寄付上限金額は変わります)

「ふるさと納税」控除限度額シュミレーション

協働する日本IDDMネットワークは佐賀県のNPOですから、
返礼品は佐賀県の特産品になります。
佐賀牛やお米、有田焼の食器セット、有明の海苔などが人気です。

下記リンクから返礼品を選び、寄付ページにお進みください。

日本IDDMネットワークのふるさと納税返礼品一覧

もちろん、返礼品不要で寄付することも可能です。
この場合も、所得税・住民税の還付・控除が受けられます。

【拡散お願いします】

Girl Powerでは、「ふるさと納税」によって「1型糖尿病の子どもたち支援」を行っています。(12月末まで)

一般的に糖尿病といえば生活習慣病で多くの場合は中高年以降に発症しますが、これは2型糖尿病です。
1型糖尿病は、子どもや生後数ヶ月の赤ちゃんが発症する場合があります。インシュリンがまったく出ないため、毎日5回の血糖値測定とインシュリン注射を打たなければなりません。現在まだ根治の方法が見つけられていないため、1型糖尿病の子どもたちは年間3000回以上もの注射を打ち続けなければなりません。

Girl Powerでは、1型糖尿病の子どもたちへの支援活動に協働しています。もしもふるさと納税をお考えでしたら、ぜひご協力お願いします。
お申し込みはこちらのページからお願いします。
(スマホからでは不具合が出る場合があります、パソコンからお申し込みのほうがストレスがかかりません)
https://www.furusato-tax.jp/city/product/41001/102

上記サイトに掲載されている返礼品を選んでお申込みいただくことで、1型糖尿病の子どもたちへの支援活動に参加いただけます。もちろんお申し込みいただいた返礼品もお手元に届きます。

私は、旨唐佐賀牛プレミアムと源右衛門の小皿を申し込みました。(お申し込みは、控除限度額まで何度でもいくつでも申込みできます)

ご自身の「ふるさと納税」控除限度額が分からない場合は、こちらから調べることができます。簡単ですので試してみてください。
https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

ふるさと納税の手続きの手間が面倒に感じられる場合はご寄付でも同様に1型糖尿病の子どもたち支援ができます。
よろしくお願いいたします。
https://www.furusato-tax.jp/city/product/41001/102

ふるさと納税ご支援・ご寄付くださった方、ご質問のある方はガールパワーまでご連絡ください。
1型糖尿病の根治を一日でも早く実現できるよう、ご寄付をよろしくお願いします。