途上国の「生理の貧困」を解消する〜Happy Pad Project〜

このページは工事中です

Happy Pad Project

出血や生理痛のたびに「私は病気なの?もうすぐ死ぬの?」と怯える少女たち

コロナ禍において日本では「生理の貧困」が社会問題となりましたが、途上国でも(日本とは違った意味で)「生理の貧困」問題は存在しています。同じ生理の貧困と言っても、その意味するところは違いますし、その問題に直面している女性の数は途上国の方がはるかに多いのです。

生理や妊娠のメカニズムは、女の子にとっては、健全な成長のために大切な知識です。しかし、途上国では多くの少女がこのことを知りません。知らないから、毎月の出血や生理痛のたびに「なんでこんなに血が流れるの?」「なんでこんなにお腹が痛いの?」と不安になり、中には自分の母親が病気で死んだから自分ももうすぐ死ぬんだと思い込んでいる女の子もいます。また、女性としての身体のメカニズムを理解していないが故に、生理のたびにまるでボロ雑巾のような汚い布で手当てをすることも普通で、そこから感染症となり妊娠・出産ができない身体になる少女もいます。

母親を含む大人たちも生理に関する正しい知識がないために、さまざまな偏見・差別を生み出しています。例えば、生理期間中の女性は「汚い」という理由で家畜小屋に閉じ込められたり。生理が始めると男の子に蔑視されるようになり、それが嫌になり学校に行かなくなる少女もたくさんいます。途上国の多くでは、ただでさえ女の子が学校に行くことが困難ですから、一旦学校に来なくなった女の子は2度と戻っては来ません。教育を受けられなければ、知識のないままに結婚させられ子どもをうみ、それが女の子だった場合は、その子も生理の意味を教えてもらえないという「負のスパイラル」が続きます。

このような、途上国における「生理の貧困」の問題は、最近でこそ日本でも知られてきましたが、ガールパワーが活動を開始した2013年頃は、国際的な大手NGOでさえほとんど認識していませんでした。しかし、生理の問題は女性の尊厳に関わる重要な問題です。ですから設立当初からガールパワーはこの問題に取り組んできました。

少女たちが「女性としての尊厳」を得るための衛生教育プログラム
「Happy Pad Program」

途上国における少女たちの「生理の貧困」問題を解決するためのプログラム、それが「Happy Pad Program」です。現在はインドの南部にあるタミル・ナドゥ州において展開しています。少女たちに衛生教育と布製ナプキンを提供し、同時にお母さんたちの雇用も創出するプログラムです。

Happy Pad Projectの仕組み

衛生教育の提供

布製ナプキンの提供

現地生産による雇用の創出

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。