ガール・パワーは「女性が自由に生きるための女子教育提供NGO」です。

途上国はもちろん、欧米日本などの経済先進国においても、「女性が自分らしく、自由に生きる」ことへの偏見、差別、社会的・文化的障壁が存在しています。

これら、さまざまな障壁を乗り越え、すべての女性が自分の価値観で自由に生きることができる社会を作るためには、社会の仕組みを変えることも重要ですが、女性自身のマインド・セットを変え、自由に生きるためのスキルを身につけることも大切です。

ガール・パワーはそのために「今の時代の女性に必要なリベラル・エデュケーション」を提供することをミッションとしています。

そのために現在、主に下記の活動を行っています。

Happy Pad Project

途上国の多くの地域においては、女性はいまだに「不浄のもの」として扱われています。そのために、多くの少女や女性は「女性としての尊厳:を奪われています。

生理は不浄のものとされ、生理中の女性は家畜小屋に放り込まれたり、妊娠のメカニズムも教えられないまま13歳くらいの年頃で強制的に結婚させられ子どもを産まされる、などといった現実がまだまだ数多く存在しています。

ガール・パワーはこのような状況に置かれた少女に対して、安全で衛生的な布パッドを提供し、同時に衛生教育を行う「Happy Pad Project」を展開しています。

女性としての身体のメカニズムを知り、大切にすることを知ることで、女性としての尊厳を取り戻す。そんなプロジェクトです。

現在は、インド南部のタミル・ナドゥ州にて実施していますが、将来的には他のアジア、アフリカなどの途上国まで活動を拡げていきたいと考えています。

プロジェクトの詳細はこちら

 

女子力社会活用研究会

女性が自由に生きる社会の実現のためには、女性のキャリア支援が欠かせません。

ガール・パワーでは、キャリア教育やマーケティングなどさまざまな分野の専門家による、女子の力を企業や社会に活用するためのノウハウやメソッド、プログラムの開発を行い、女子校や企業に対して、セミナーやワークショップを提供しています。

 

TECH GIRL PROJECT

日本はもちろん、欧米先進国においても、女性が理系のキャリア形成することにたいしてまだまだ偏見やじぇんだ・バイアスが存在しています。そのことで、理系の大学(学部)に進学したい、理系の仕事をしたいと考えている女子中高生が、希望通りに進学できないという現状があります。

ガール・パワーでは、理系進学を希望する女子中高生に対して、理系女子としてのキャリア形成に必要な情報や教育プログラムの提供を行っています。

 

グローバル女子育成プロジェクト

自由に生きるとは、世界中のどこでも生きていける力を身につける必要があります。

ガール・パワーでは、これからの時代に、世界中のどこでも自由に生きていくために必要なマインド・セットとスキルに関する教育プログラムを女子高生、女子大生に対して提供しています。

 

その他、啓発活動

国連が定めた国際ガールズ・デー(毎年10月11日)の認知率を上げ、少女支援に対する社会的関心を高めるための啓発活動や、月例セミナーなど、さまざまな啓発活動を行っています。

 

団体概要

  • 名称「一般社団法人日本女子力推進事業団」(英語表記:Girl Power Promotion 略称:ガール・パワー)
  • 事務局 東京都新宿区中井2-20−6−203
  • 設立 2013年9月26日(2013年5月31日準備団体発足)
  • 代表理事 池内ひろ美(夫婦・家族問題評論家)
  • 専務理事 西川礼華(医師)
  • 専務理事 大野理恵(株式会社ウィンフィニティ 代表取締役)
  • 理事   竹内エリカ(一般財団法人日本キッズコーチング協会理事長)
  • 理事   佐藤大吾(一般財団法人ジャパン・ギビング代表理事)
  • 顧問   安倍昭恵

発起人(順不同、敬称略、肩書きは発足当時)

  • 安倍昭恵
  • 池内ひろ美(夫婦・家族問題評論家)
  • 白木夏子(株式会社HASUNA代表取締役)
  • 鵜尾正隆(特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会代表理事、株式会社ファンドレックス代表取締役)
  • 黒井理恵(CSR48リーダー)
  • 相澤遥佳(SweetSmile代表)
  • 佐藤大吾 (一般財団法人 ジャスト・ギビング・ジャパン代表理事)
  • 町井則雄(日本財団 経営支援グループ CSR 企画推進チーム チームリーダー)
  • 嵯峨生馬(特定非営利活動法人 サービスグラント代表理事)]
  • 中村大作(社会起業大学 学長)
  • 小川宏(ルーム・トゥ・リード東京チャプター共同リーダー)
  • 米良はるか(READYFOR? プロダクトマネージャー)
  • 竹内エリカ(一般財団法人 日本キッズコーチング協会理事長)
  • 施治安(SIOネットワーク代表)
  • 竹井善昭(株式会社ソーシャルプランニング代表取締役)

 

会計報告書

第一期決算書

第二期決算書