ふるさと納税で母子家庭にハッピー・クリスマスをプレゼント

涙を流して喜んでくれたお母さんも

ガールパワーは2021年12月、小学生以下の子どものいる母子家庭を対象にケンタッキーフライドチキンのパーティバーレルをプレゼントしました(パーティパーレルを購入できるKFCカードをプレゼント)。なぜケンタなのか? それは、当たり前のクリスマスを経済的に困窮している母子家庭の子どもたちにも提供したかったからです。近年の日本では、クリスマスにはケンタッキーのチキンを買って楽しむというスタイルがスタンダードになっています。小さな子どもたちにとって、クリスマスにケーキをケンタは「当たり前」になっています。

しかし、経済的に困窮している母子家庭にとっては、それは当たり前のことではありません。普段から一日数百円の食費で暮らしている、食材の多くを子ども食宅に頼っているというような家庭では、ファストフードは高嶺の花。「ケンタッキーやマックなんか、もう何年も行ってない」という家庭がほとんどです。

そんな家庭で暮らし、2年にわたるコロナ禍でさらに大きなストレスがかかっている幼い子どもたちに、せめてクリスマスくらいは「子どもにとっての当たり前」を届けたい。そのような想いから、ケンタッキーのパーティバーレルを贈りました。

ご存じのようにパーティバーレルはケンタッキフライドチキンのクリスマス商品。内容もチキンに加え、ラザニア、ケーキがつき、さらに特性絵皿もついています。子どもたちが大好きなものばかり。子どもたちが喜べば、ママも嬉しいものです。実際、配布にあたったスタッフからは「みなさん、大喜びしてくれました」「涙を流して喜んでくれたママもいます」という報告があがっています。ささやかなプレゼントでしたが、贈ってよかったと思いました。今回は佐賀県佐賀市の母子家庭を対象としましたが、2022年以降も対象を拡大して実施できたらと考えています。

 

 

関連記事